Watson Assistant は、機械学習と自然言語処理を使用して、ユーザーの質問を理解します。Watson Assistant は、意味のある回答を提供したり、回答のために既存のナレッジベースを検索したりすることができます。

Watson Assistant をカスタマイズすることで、Hub Assistant を使用してユーザーに利用させたい会話のタイプを作成するために必要なスキルを追加することができます。Watson Assistant は、アシスタントをトレーニングして改善することができるシンプルで直感的な構築インターフェイスを提供します。

  • ユーザーは、アプリケーション内または Web ブラウザから Workspace ONE Intelligent Hub を介してアシスタントと対話します。
  • アシスタントはユーザーの入力を受け取り、その入力をダイアログのスキルにルーティングします。
  • ダイアログ スキルは、ユーザー入力を解釈し、次に会話のフローを指示します。ダイアログ スキルは、回答のために情報を収集したり、ユーザーに代わってトランザクションを実行します。
  • ダイアログ スキルが答えられない質問は、検索スキルに送られます。検索スキルは、関連する回答を見つけるために構成した会社のナレッジベースを検索します。

ダイアログ スキルには、ユーザーの要求で表現される目的(インテント)を認識するために Watson Assistant をトレーニングする一連のインテントとエンティティが含まれており、応答に使用する適切なダイアログ フローを選択します。

Hub サービスは、ヘルプ チケットを作成および表示するためのセルフサービス エクスペリエンスを提供するためのダイアログ スキルを構築しました。このダイアログ スキルにより多くのインテントを追加して、Watson Assistant をさらにトレーニングすることができます。

Watson Assistant で他のダイアログ スキルを構築することで、組織内のセルフサービスの機会を拡張することができます。