Workspace ONE UEM で管理対象アプリケーションとして Intelligent Hub アプリケーションを展開し、[アプリケーション構成を送信] を有効にして、Workspace ONE UEM コンソールから Workspace ONE アプリケーションをプッシュします。これにより、ユーザーが Intelligent Hub アプリケーションをインストールおよび起動する際に適用される、Intelligent Hub 設定を事前に構成できます。

アプリケーションが管理対象のモバイル アプリケーションとして Workspace ONE UEM コンソールにアップロードされるときに、VMware Workspace ONE UEM の URL、デバイスの UID 値、および Android デバイスの証明書認証の要件を構成できます。

表 1. Workspace ONE UEM コンソールの Intelligent Hub 管理対象デバイスの構成オプション
プラットフォーム 構成キー 値のタイプ 構成値 説明
すべて AppServiceHost 文字列 <VMware Workspace ONE UEM Server の URL> デバイスで VMware Workspace ONE Intelligent Hub のサーバ URL を構成します。
iOS deviceUDID 文字列 {DeviceUid} デバイス UID 値を入力します。

[ルックアップ値の挿入] 機能は使用しないでください。

Workspace ONE Access 環境への認証に使用されるデバイスを追跡します。
iOS

SkipDiscoveryScreen

Boolean true True に設定すると、Intelligent Hub は、メール アドレス/サーバの URL の画面を通過しようとします。AppServiceHost 構成キーと一緒に使用した場合、ユーザーは認証画面にすぐに移動します。モバイル SSO も使用されている場合、管理者は、エンド ユーザーが Intelligent Hub を起動することで Intelligent Hub アプリケーションのロードが即時に開始されるようにし、シームレスな経験を提供できます。
Android および iOS RemoveAccountSignOut 整数

0 - [アカウントの削除] オプションを表示

1 - [アカウントの削除] オプションを表示しない

値が設定されていない場合は、[アカウントの削除] オプションが表示されます。

値を 1 に設定すると、[アカウントの削除] オプションはユーザーのアプリケーションの設定ページに表示されません。ユーザーは、自分のデバイスから Intelligent Hub アカウントを削除できません。

この値が 0 に設定されている場合、または値が設定されていない場合は、[アカウントの削除] オプションが表示されます。ユーザーが [アカウントの削除] をクリックすると、Workspace ONE UEM はデバイスのエンタープライズ ワイプを実行し、Workspace ONE UEM からデバイスを登録解除します。

rev