最初に Workspace ONE アプリケーションのための Workspace ONE Access テナントを構成していた場合で、Intelligent Hub アプリケーションを使用するために Hub サービスをアクティベーションするようになっている場合は、いくつかの Workspace ONE 設定を更新する必要があります。

新しいクラウド インスタンスで Hub サービスをアクティベーションしたら、Workspace ONE UEM Console でいくつかのコンポーネントを再構成する必要があります。

表 1. 再構成する Workspace ONE Access コンポーネント
コンポーネント 説明 詳細
ディレクトリ サービス Active Directory は無効になるようにリセットされます。Active Directory Basic を再度有効にする必要があります。ユーザー マッピングがデフォルト値にリセットされます。マッピングするユーザー属性を再構成する必要があります。 VMware Workspace ONE Access とディレクトリとの統合を参照してください。
ベーシック ユーザー同期を使用したディレクトリ サービス 以前にローカル ベーシック ユーザーの同期を構成した場合は、ベーシック ユーザーの同期を再度有効にする必要があります。 Sync Users and Groups from Workspace ONE UEM Directory to Workspace ONE Access Directoryを参照してください。
アクセス ポリシー シングル サインオンを管理するアクセス ポリシーは使用できなくなりました。デフォルトのアクセス ポリシーを再構成する必要があります。 Workspace ONE Access でデフォルトのアクセス ポリシーを編集する。
Workspace ONE UEM Console での Active Directory Basic、SaaS および仮想アプリケーションのサポート。 UEM Console からは Web アプリケーションと仮想アプリケーションにアクセスできません。デフォルトのアクセス ポリシーおよび特定の Web アプリケーション用に作成されたその他のポリシーを再構成する必要があります。

Workspace ONE Access Console で、AirWatch の設定を更新する必要がある場合があります。Workspace ONE Access コンソールの [AirWatch 設定] ページを確認します。

VMware Workspace ONE UEM ドキュメント センターの『ディレクトリ サービス統合』ガイドを参照してください。