ユーザーがデバイス アプリ ストアから Intelligent Hub アプリケーションをダウンロードするか、管理者が Workspace ONE UEM を構成して Intelligent Hub アプリケーションを管理対象アプリケーションとしてデバイスにプッシュすることができます。

ユーザーが最初にアプリケーションをインストールする場合、一連の画面を移動して管理モードでデバイスを設定する準備をし、作業用データと個人用データをデバイス上で分離するために使用される Workspace Services プロファイルをインストールして有効にします。

プライバシーとデータ共有

VMware Workspace ONE は、ユーザーの作業用データやアプリケーションへの安全なアクセスを提供するために情報を収集します。ユーザーには、同意が必要なプライバシーとデータ共有に関する通知が表示されます。プライバシーの通知には、次の情報が表示されます。

  • Hub によって収集されるデータ - アプリケーションによって収集および処理されたデータのサマリを提供します。このデータの一部は、Workspace ONE UEM の管理コンソールの管理者に表示されます。
  • Hub の権限 - デバイスへのプッシュ通知など、製品の機能を有効にするためにアプリケーションに要求されるデバイス権限のサマリを提供します。これらの権限はユーザーのデバイス設定でいつでも変更できますが、変更はアプリケーションの機能に影響を与える可能性があります。
  • 会社のプライバシー ポリシー - デフォルトでは、会社に関する詳細情報を入手するためのメッセージがユーザーに表示されます。管理者によって構成されている場合は、[会社のプライバシー ポリシー] をタップして、雇用者のプライバシー ポリシー情報にアクセスします。