複数の組み込み ID プロバイダを構成し、Workspace ONE Access コンソールの [ID とアクセス管理] > [管理] > [認証方法] ページで構成した認証方法を関連付けることができます。

手順

  1. Workspace ONE Access コンソールの [ID とアクセス管理] タブで、[管理] > [ID プロバイダ] に移動します。
  2. [ID プロバイダを追加] をクリックして、[組み込み IDP を作成] を選択します。
    オプション 説明
    ID プロバイダ名 この組み込み ID プロバイダ インスタンスの名前を入力します。
    ユーザー 認証するユーザーを選択します。構成されたディレクトリがリストされます。
    ネットワーク サービスに構成されている既存のネットワーク範囲が表示されます。各ユーザーの IP アドレスに基づいて、認証時に ID プロバイダ インスタンスが使用するネットワーク範囲を選択します。
    認証方法 サービスで構成されている認証方法が表示されます。この組み込み ID プロバイダに関連付ける認証方法のチェック ボックスを選択します。

    [デバイス コンプライアンス (Workspace ONE UEM)] と [パスワード (AirWatch Connector)] オプションについては、[AirWatch の構成] ページで有効になっていることを確認してください。

  3. [追加] をクリックします。

次のタスク

デフォルトのアクセス ポリシールールを設定して、認証ポリシーをルールに追加します。『VMware Workspace ONE Access のユーザー認証方法の管理ガイド』を参照してください。