シングル サインオンでは複数の認証方法をデバイスに適用できます。単一の認証方法を構成し、二要素のチェーン認証を設定することができます。

認証方法は、Workspace ONE Access コンソールの組み込み ID プロバイダで構成されます。

モバイル シングル サインオンが構成されると、以下の認証方法を有効にすることができます。

  • モバイル SSO(iOS 版)。iOS デバイス用の Kerberos ベース アダプタ。
  • モバイル SSO(Android 版)。Android 版の証明書認証に特化された実装。
  • 証明書(クラウド デプロイ)。Web ブラウザとデスクトップ デバイス向けの証明書認証サービス。
  • パスワード。Workspace ONE Access と Workspace ONE UEM を統合するときに、単一のコネクタでディレクトリ パスワードを認証できます。
  • デバイス コンプライアンス (Workspace ONE UEM)。管理対象デバイスの健全性を測定し、Workspace ONE UEM で定義された基準に基づいて適格/不適格を判定します。コンプライアンスは、パスワードを除く他の組み込みアダプタと連携できます。

Workspace ONE Access ID プロバイダにおける認証方法の管理を参照してください。

認証方法が構成された後、使用される認証方法をデバイス タイプに応じて指定するアクセス ポリシー ルールを作成します。