Boomi AtomSphere Web アプリケーションを Workspace ONE Access カタログに追加し、Boomi アカウントの URL を構成して、アプリケーションにアクセスするために Boomi 管理者を割り当てます。このワークフローは、Hub サービス コンソールから設定不要の統合をインストールして実行するための Workspace ONE Experience Workflows アドオン ライセンスを Boomi ポータルに付与します。

[前提条件]

  • Boomi EX Workflows アドイン ライセンス。
  • Boomi サブ アカウント ID。サブ アカウント ID は、Hub サービス コンソールの [Experience Workflows] ページの [Boomi インスタンスの詳細] セクションで確認できます。
    [Boomi インスタンスの詳細] セクションを表示する [Experience Workflows] ページのスクリーンショット

[手順]

  1. Workspace ONE Access コンソールにログインします。
  2. [カタログ] > [Web アプリケーション] ページに移動し、[新規] をクリックします。
  3. [名前] テキスト ボックスに、名前を [Boomi AtomSphere SSO] と入力します。
  4. [説明] ボックスに、このアプリケーションの説明を追加します。
  5. [次へ] をクリックします。
  6. [構成] ページで、次のように構成します。
    1. [URL/XML] ラジオ ボタンが選択されています。
    2. [URL/XML] テキスト ボックスに、Boomi サブ アカウント ID を使用して Hub サービスの Experience Workflows Boomi URL を入力します。「 https://platform.boomi.com/sso/${BOOMI_SUB_ACCOUNT_ID}/saml?metadata=true」と入力します。

      ${BOOMI_SUB_ACCOUNT_ID} を Boomi サブ アカウント ID に置き換えます。

    3. [次へ] をクリックし、[次へ] > [保存] > [] の順にクリックします。
    4. 先ほど作成した Boomi AtomSphere アプリケーションを [編集] します。
    5. [ユーザー名の値] テキスト ボックスで、値として [${user.email}] を選択します。
    6. [ユーザー ポータルに表示] ラジオ ボタンで、[はい] を [いいえ] に変更します。
    7. [次へ] をクリックします。
  7. デフォルトで [default_access_policy_set] が選択されています。[次へ] をクリックします。
  8. [サマリ] ページで [保存して割り当て] をクリックします。
  9. [割り当て] ページで、Boomi AtomSphere プラットフォームにアクセスできる管理者を指定します。[保存] をクリックします。