Workspace ONE Access で自動的に作成される HubServices_Boomi_Integration OAuth 2 クライアントは、Workspace ONE Access と Boomi 間の接続を確立するためにインストールするすべての Workspace ONE Experience Workflows 統合パックに使用される接続 URL です。Hub サービス コンソールの [Experience Workflows] ページから OAuth 2 クライアントの認証情報をリセットできます。

認証情報のリセット ポリシーに従ってクライアント シークレットを変更する必要がある場合、またはクライアント シークレットが侵害されている場合は、リセット オプションを使用して既存の認証情報をローテーションします。

手順

  1. Hub サービス コンソールの [Experience Workflows] ページに移動します。
  2. Boomi ポータルにログインしたら、ページの下部にある [Workspace ONE Access プロパティの表示] をクリックします。
    図 1. クライアント ID とシークレット認証情報のリセット
    [Experience Workflows Boomi] ページでクライアント ID とシークレット認証情報をリセットする
  3. [クライアント ID と共有シークレット キーのリセット] ダイアログ ボックスで、既存の認証情報をリセットするには、[はい、ID とシークレットをリセットします] をクリックします。

結果

Workspace ONE Access サービスの OAuth 2 クライアントの clientID とシークレット コードの認証情報がリセットされます。Experience Workflows 構成の [Hub Services Patch コネクタ]、[Workspace ONE Hub Services コネクタ]、および [中間データ ストレージ コネクタ] タブが新しい認証情報で更新されます。