デフォルトでは、仮想マシン間またはホスト システムと 1 台以上の仮想マシンとの間でスマート カードを共有できます。PCMCIA スマート カード リーダーを使用している場合、仮想マシンを企業用にデプロイしているときにさまざまなスマート カード リーダー用のドライバをサポートしたくない場合、またはホスト システムにはドライバがあるけれども仮想マシンにはない場合は、スマート カード共有を無効にすることをお勧めします。

スマート カード共有を制御する設定は、Workstation Player グローバル構成ファイルにあります。

手順

  1. ホスト システムのグローバル構成ファイルを検索します。
    オペレーティング システム 場所
    Linux ホスト /etc/vmware/config
  2. グローバル構成ファイルがホスト システム上に存在しない場合は、[ファイル] > [環境設定] を選択し、Workstation Playerの環境設定で少なくとも 1 つの設定を変更します。
    Workstation Player 環境設定を変更すると、 Workstation Player ではグローバル構成ファイルが作成されます。
  3. グローバル構成ファイルをテキスト エディタで開き、usb.ccid.useSharedMode プロパティを FALSE に設定します。
    例: usb.ccid.useSharedMode = "FALSE"
  4. グローバル構成ファイルを保存して閉じます。
  5. 他のユーザーが変更できないように、グローバル構成ファイルのアクセス権を設定します。