Workstation Player の自動インストール実行時にインストール プロパティをインストール コマンドで指定すると、インストールをカスタマイズできます。

インストール コマンドでインストール プロパティを指定する形式は プロパティ="" です。値 1 は True を、値 0 は False を意味します。

表 1. インストール プロパティ
プロパティ 説明 デフォルト値
AUTOSOFTWAREUPDATE 新しいビルドが利用可能になった場合は、Workstation Player の自動アップグレードができます。 1
DATACOLLECTION VMwareヘユーザー エクスペリエンス情報を送信します。 1
DESKTOP_SHORTCUT Workstation Player のインストール時に、デスクトップにショートカットを追加します。 1
ENABLE_VIRTUAL_PRINTING インストール後に Windows ホストで ThinPrint 仮想印刷のサポートを有効にします。 0
EULAS_AGREED 製品 EULA をメッセージの確認なしに承認します。インストールまたはアップグレードを行うには 1 に設定します。 0
INSTALLDIR Workstation Player のデフォルトのインストール場所とは異なるディレクトリに Workstation Player をインストールします。 C:\Program Files (86)\VMware\VMware Player
KEEP_LICENSE Workstation Player のアンインストール時にライセンス キーを保持するか削除するかを指定します。 1
KEEP_SETTINGFILES Workstation Player のアンインストール時に設定ファイルを保持するか削除するかを指定します。 1
SERIALNUMBER Workstation Player のインストール時に、ライセンス キーを入力できます。ライセンス キーにハイフンを含めて入力してください(例:xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx)。  
SIMPLIFIEDUI Workstation Player の特定の UI 機能を有効または無効にします。 0
SOFTWAREUPDATEURL ソフトウェアに更新管理用の特定 URL を指定します (vmware.com から分離)。
STARTMENU_SHORTCUT Workstation Player のインストール時に [スタート] メニューを追加します。 1
SUPPORTURL Workstation Player[ヘルプ] メニューから製品不具合について連絡するためのサポート URL またはメール エイリアスを設定します。