VNC サーバとして機能するように仮想マシンを設定している場合は、VNC クライアントにおいて使用するキーボード用の言語を指定できます。デフォルトでは、US101 キーボード マップ(米国英語)が使用されます。

始める前に

  • 仮想マシンが VNC サーバとして稼働するように設定されていることを確認します。

  • 使用する言語コードを特定します。言語コードを参照してください。

手順

  1. テキスト エディタで、仮想マシンの構成ファイル(.vmx)を開き、RemoteDisplay.vnc.enabledRemoteDisplay.vnc.port のプロパティを追加します。
    1. RemoteDisplay.vnc.enabled に TRUE を設定します。
    2. RemoteDisplay.vnc.port に使用するポート番号を設定します。

    例:

    RemoteDisplay.vnc.enabled = "TRUE"
    RemoteDisplay.vnc.port = "portnumber"
  2. 使用するキーマップ ファイルの場所を特定します。

    デフォルトのキーマップ ファイルは、次の Workstation Player のインストール ディレクトリに含まれています。

    ホスト システム

    キーマップ ファイルの場所

    Windows 7、Windows 8、および Windows 10 のホスト

    C:\ProgramData\VMware\vnckeymap

    Linux ホスト

    /usr/lib/vmware/vnckeymap

  3. 仮想マシンの構成ファイル(.vmx)にキーマップ ファイルの場所を指定するプロパティを追加します。

    オプション

    説明

    Workstation Player のインストール ディレクトリに含まれるデフォルトのキーマップ ファイルを使用する

    RemoteDisplay.vnc.keyMap = "xx" を追加します。xx は使用する言語のコード(たとえば、日本語の場合は jp)です。

    別の場所のキーボード マップ ファイルを使用する

    RemoteDisplay.vnc.keyMapFile = "filepath" を追加します。filepath はファイルの絶対パスです。

  4. 仮想マシンを起動し、VNC クライアントから接続します。