コマンド ライン インストール オプションを使用して、Linux ホスト システムに Workstation Player をインストールできます。

インストール オプションを使用するには、root としてログインする必要があります。インストールが終了したら、root アカウントからログアウトします。

表 1. Linux コマンド ライン インストール オプション

オプション

説明

--console

インストールに端末を使用できるようにします。

--custom

このオプションを使用して、インストール ディレクトリの場所をカスタマイズします。

--gtk

GUI ベースの VMware インストーラを開きます。デフォルトのオプションです。

--ignore-errors または -I

いずれかのインストーラ スクリプトにエラーがあっても、インストールを続行できるようにします。エラーが発生したセクションは完了しないため、コンポーネントが正常に構成されない可能性があります。

--regular

それまでに回答されていないインストールに関する質問または必須の質問を表示します。デフォルトのオプションです。

--required

使用許諾契約のみを表示し、続けて Workstation Player をインストールします。

--set-setting vmware-installer installShortcuts yes | no

Workstation Player のインストール時に、ショートカットを追加します。デフォルトはyesです。

--set-setting vmware-installer libdir lib_path

libdir パラメータは、ライブラリや内部アイコンなどの製品固有のデータ ファイルを配置する場所をインストーラに指示します。インストーラは製品ファイルを $libdir/vmware および $libdirvmware-installer に配置します。デフォルトは/usr/libです。

--set-setting vmware-installer prefix /usr/local

ここで直接実行する (例:vmware、vmplayer、vmware-networks など) 実行ファイルをインストールします。製品の残りは libdir-derived パスに配布されます。デフォルトは /usr ​です。

--set-setting vmware-player serialNumber xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx

Workstation Player のインストール時に、ライセンス キーを入力できます。ライセンス キーにハイフンを含めて入力してください(例:xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx)。

--set-setting vmware-player-app simplifiedUI yes|no

Workstation Player の特定の UI 機能を有効または無効にします。デフォルトはnoです。

--set-setting vmware-player-app softwareUpdateEnabled yes|no

新しいビルドが利用可能になったときに、Workstation Player の自動アップグレードが行われます。

--set-setting vmware-player-app softwareUpdateURL https://url/

ソフトウェアに更新管理用の特定 URL を指定します (vmware.com から分離)。

--set-setting vmware-player-app supportURL https://url/

ヘルプ メニューから製品不具合について連絡するためのサポート URL またはメール エイリアスを設定します。