仮想マシン上の仮想 SCSI デバイスを、ホスト システム上の物理的な汎用 SCSI デバイスにマッピングするには、汎用 SCSI デバイスを仮想マシンに追加する必要があります。汎用 SCSI デバイスは、1 つの仮想マシンに 60 個まで追加できます。

始める前に

  • Linux ホスト システム上で、当該 SCSI デバイスに対する読み取りおよび書き込みの権限を持つユーザーとしてログインします。バージョン 2.1.36 以降の汎用 SCSI ドライバ(sg.o)がインストールされていることを確認してください。このバージョンの汎用 SCSI ドライバは、Linux カーネル 2.2.14 以降に組み込まれています。

このタスクについて

手順

  1. 仮想マシンを選択して、仮想マシン > 仮想マシン設定 を選択します。
  2. ハードウェア タブで 追加 をクリックします。
  3. ハードウェア追加 ウィザードで、汎用 SCSI デバイス を選択します。
  4. 仮想 SCSI デバイスにマッピングする物理 SCSI デバイスを選択します。

    Linux ホストで、SCSI デバイスへのパスを入力する場合は、/dev/st0 または /dev/sr0 を入力しないでください。

  5. 仮想マシンのパワーオン時にデバイスに接続するようにするには、パワーオン時に接続する を選択します。
  6. 完了 をクリックすると、デバイスが追加されます。
  7. ハードウェア タブの 仮想デバイスノード ドロップダウン メニューから、このデバイスに使用する SCSI デバイス ID を選択して、OK をクリックします。

    たとえば、SCSI 0:2 を選択した場合、ゲスト OS はそのドライブをコントローラ 0 上の ID 2 と認識します。