VMware 仮想サウンド デバイスは、Creative Technology Sound Blaster Audio API との互換性があり、Windows および Linux ゲスト OS のサウンドをサポートしています。

手順

  1. 仮想マシンを選択して、仮想マシン > 仮想マシン設定 を選択します。
  2. ハードウェア タブで サウンド カード を選択します。
  3. 1 つ以上のサウンド カードの設定を構成します。

    オプション

    説明

    接続中

    仮想マシンの実行中にサウンド デバイスを接続または切断します。デバイス メニューを使用して、接続または切断するドライブを選択することもできます。

    パワーオン時に接続

    仮想マシンをパワーオンするときに常に、サウンド デバイスを仮想マシンに自動的に接続します。

    デフォルトのホスト サウンド カードを使用

    仮想マシンは、ホスト システムのデフォルトのサウンド カードを使用します。

    物理サウンド カードを使用

    システムに複数の物理サウンド カードがある場合、使用するサウンド カードを選択します。

    エコー除去を有効にする

    サウンド カードのエコー除去機能を有効にします。

  4. OK をクリックして、変更内容を保存します。