仮想マシン ハードウェア設定を使用して、既存の仮想マシンにハードウェアを追加できます。

選択した仮想マシンにハードウェアを追加するには、仮想マシン > 仮想マシン設定を選択し、ハードウェア タブをクリックし、追加 をクリックします。

注:

サスペンド状態の仮想マシンにはハードウェアを追加できません。

ハードウェア追加ウィザードのプロンプトに従って、追加するデバイスのタイプを選択し、デバイス固有の構成設定を指定します。構成設定の多くは、デバイスを作成した後で仮想マシン ハードウェア設定を変更することによって変更できます。

仮想マシンに追加できるのは次のタイプのデバイスです。

仮想ハード ディスク

仮想ハード ディスクは、ゲスト OS が物理ディスク ドライブとして認識するファイル セットです。仮想ハード ディスクは IDE デバイス、SCSI デバイス、または SATA デバイスとして構成できます。最大 4 個の IDE デバイス、60 個の SCSI デバイス、120 個の SATA デバイス(4 個のコントローラ、1 個のコントローラ当たり 30 個のデバイス)を仮想マシンに追加できます。また、仮想マシンが物理ディスクに直接アクセスするようにもできます。

CD-ROM ドライブおよび DVD ドライブ

仮想 CD-ROM ドライブまたは DVD ドライブを IDE デバイス、SCSI デバイス、または SATA デバイスとして構成できます。最大 4 個の IDE デバイス、60 個の SCSI デバイス、120 個の SATA デバイス(4 個のコントローラ、1 個のコントローラ当たり 30 個のデバイス)を仮想マシンに追加できます。仮想 CD-ROM ドライブおよび DVD ドライブは、ホスト システム上の物理ドライブまたは ISO イメージ ファイルに接続できます。

フロッピー ドライブ

最大 2 つのフロッピー ドライブを追加できます。仮想フロッピー ドライブは、ホスト システムの物理ドライブ、既存のフロッピー イメージ ファイル、または新しいフロッピー イメージ ファイルに接続できます。

ネットワーク アダプタ

仮想マシンには、最大で 10 個の仮想ネットワーク アダプタを追加できます。

USB コントローラ

仮想マシンに 1 つの USB コントローラを追加できます。仮想マシンで USB デバイスまたはスマート カード リーダを使用するには、仮想マシンが USB コントローラを備えている必要があります。スマート カード リーダーの場合は、スマート カード リーダーが実際に USB デバイスであるかどうかに関係なく、仮想マシンに USB コントローラが必要です。

サウンド カード

ホスト システムでサウンドが構成されており、サウンド カードがインストールされていれば、仮想マシンでもサウンドを有効にできます。

パラレル(LPT)ポート

仮想マシンには最大 3 つの双方向パラレル ポートを接続できます。仮想パラレル ポートは、パラレル ポートまたはホスト OS 上のファイルに出力できます。

シリアル(COM)ポート

仮想マシンには最大 4 つのシリアル ポートを追加できます。仮想シリアル ポートは物理シリアル ポート、ホスト OS 上のファイル、または名前付きパイプに出力できます。

プリンタ

仮想マシンに追加ドライバをインストールせずに、仮想マシンからホスト システムで使用できる任意のプリンタに出力できます。Workstation Player は、ThinPrint テクノロジを使用して、ホスト マシンのプリンタ マッピングを仮想マシンに複製します。仮想マシン プリンタを有効にした場合、Workstation Player は仮想シリアル ポートを使用してホスト プリンタと通信します。

汎用 SCSI デバイス

仮想マシンには最大 60 個の SCSI デバイスを追加できます。汎用 SCSI デバイスは、ホスト システムに接続された SCSI デバイスにゲスト OS が直接アクセスできるようにします。汎用 SCSI デバイスにはスキャナ、テープ ドライブ、CD-ROM ドライブ、および DVD ドライブが含まれます。