仮想対称型マルチプロセッシング(SMP)を使用すると、複数の論理プロセッサを持つホスト システム上の仮想マシンに、プロセッサを割り当て、プロセッサごとにコアを割り当てることができます。

Workstation Player は、2 つ以上の物理 CPU を備えたマルチプロセッサ ホスト、マルチコア CPU を備えたシングルプロセッサ ホスト、ハイパースレッド対応のシングルプロセッサ ホストは、2 つの論理プロセッサを備えていると見なします。

注:

ハイパースレッド処理されているユニプロセッサ ホストでは、仮想 SMP を持つ仮想マシンのパフォーマンスが標準を下回る場合があります。マルチプロセッサ ホストであっても、物理的に使用可能な量を超える CPU リソースを必要とする複数のワークロードを実行してオーバーコミットした場合、パフォーマンスが影響を受けます。

複数のデュアルプロセッサ仮想マシンを同時にパワーオンし、実行することができます。各仮想マシンにおけるプロセッサの数は、仮想マシンの概要ビューに表示されます。