閉じるときの動作の環境設定では、仮想マシンを閉じるときの Workstation Player の動作を制御します。

閉じるときの動作の環境設定を構成するには、ファイル > 環境設定 を選択します。

表 1. 閉じるときの動作の環境設定

設定

説明

仮想マシンをサスペンドする

閉じると、仮想マシンはサスペンド状態になります。次回に Workstation Player を起動すると、仮想マシンはサスペンドになった時点から動作を再開します。

仮想マシンをパワーオフ

閉じると、仮想マシンはパワーオフします。次回に Workstation Player を起動しても、仮想マシンはパワー オフ状態です。

引き続き仮想マシンを実行する

閉じても、仮想マシンはバックグラウンドで実行を続けます。次回に Workstation Player を起動すると、仮想マシンはパワー オン状態になります。

仮想マシンを閉じる前に確認画面を表示

仮想マシンを閉じようとすると、Workstation Player に確認画面が表示されます。

仮想マシンを閉じた後に VM ライブラリに戻る

Workstation Player は閉じた後の仮想マシンをライブラリに戻します。別の仮想マシンを開いたり、仮想マシンの設定を編集したりすることができます。