Workstation Player では、複数のプログラムが同じ /dev/sg エントリを同時に使用できないようになっていますが、/dev/sg エントリと従来の /dev エントリの同時使用を常に禁止することはできません。

汎用 SCSI ドライバは、/dev 内の各 SCSI デバイスに対してマッピングを設定します。各エントリは、sg(汎用 SCSI ドライバの略)で始まり、後に 1 つの数字が続きます。たとえば、/dev/sg0 は最初の汎用 SCSI デバイスを指します。各エントリは、/proc/scsi/scsi に指定されている順序で SCSI デバイスに対応します。この順序は、ID 値が一番低いアダプタのデバイス ID が小さいものからデバイス ID が大きなものへ、ID 値とデバイス ID 値が最も高いアダプタまで順番に並べられています。

テープ ドライブ、ディスク ドライブ、および CD-ROM ドライブなどの一部の Linux デバイスには、すでに /dev エントリ(それぞれ、stsd、および sr)が割り当てられています。汎用 SCSI ドライバがインストールされている場合、Linux はこのようなデバイスを、従来のエントリだけでなく、/dev にある sg エントリも使用して認識します。

同時アクセス問題を回避するため、仮想マシンで使用する SCSI デバイスを指定する際に、/dev/st0 または /dev/sr0 を指定しないでください。

重要:

同じ汎用 SCSI デバイスをホスト システムとゲスト OS の両方で使用しないようにしてください。予期しない動作、およびデータの喪失や破損が発生する可能性があります。