Open Virtualization Format (OVF) 仮想マシンをインポートして Workstation Player で実行することができます。Workstation Player は仮想マシンを OVF 形式から VMware ランタイム(.vmx)形式に変換します。.ovf および .ova ファイルのどちらもインポートできます。

このタスクについて

OVF はプラットフォームに依存せず、効率的、拡張可能、そしてオープン パッケージな仮想マシンのための配布フォーマットです。たとえば、VMware Fusion™ または Oracle VM VirtualBox からエクスポートした OVF の仮想マシンを Workstation Player にインポートできます。OVF 1.0 以降のファイルだけをインポートできます。

スタンドアロン OVF Tool を使用して、OVF 仮想マシンを VMware ランタイム フォーマットに変換することもできます。スタンドアロン バージョンの OVF Tool は Workstation Player インストール ディレクトリ内の OVFTool の下にインストールされます。OVF Tool の使用方法については、当社 Web サイトの『OVF Tool ユーザー ガイド』を参照してください。

手順

  1. Workstation Player で、ファイル > 仮想マシンを開く を選択します。
  2. .ovf または .ova ファイルを参照し、開く をクリックします。
  3. 仮想マシンの名前を入力し、仮想マシン ファイルのディレクトリを入力または参照し、インポート をクリックします。

    Workstation Player は、OVF 仕様適合チェック、および仮想ハードウェアのコンプライアンス チェックを実行します。ステータスバーにインポート プロセス状況が示されます。

  4. インポートが失敗した場合、再試行 をクリックしてもう一度実行するか、またはキャンセル をクリックしてインポートをキャンセルします。

    インポートを再試行する場合、Workstation Player は、OVF 仕様適合チェックおよび仮想ハードウェアのコンプライアンス チェックを緩和し、Workstation Player で仮想マシンを使用できなくなる可能性があります。

タスクの結果

Workstation Player が OVF の仮想マシンを正常にインポートすると、仮想マシン ライブラリに仮想マシンが表示されます。