Linux バンドル インストーラを実行して、Linux ホスト システムに Workstation Player をインストールします。ほとんどの Linux ディストリビューションでは、Linux バンドル インストーラによって GUI ウィザードが開始されます。Red Hat Enterprise Linux 5.1 など一部の Linux ディストリビューションでは、バンドル インストーラによって GUI ウィザードではなくコマンドライン ウィザードが開始されます。インストーラの実行で --console オプションを使用して、ターミナル ウィンドウで Workstation Player をインストールすることもできます。

始める前に

手順

  1. Workstation Player の実行時に使用する予定のユーザー名を使用して、Linux ホスト システムにログインします。
  2. root に切り替えます。

    例: su root

    使用するコマンドは、Linux ディストリビューションおよび構成によって異なります。

  3. ディレクトリを Workstation Player インストーラ ファイルが含まれるディレクトリに変更します。
  4. ホスト システムの該当する Workstation Player インストーラ ファイルを実行します。

    例: sh VMware-Player-e.x.p-xxxx-xxxx.architecture.bundle --[option]

    xxxx-xxxx はバージョン番号とビルド番号、architecture は i386 または x86_64、option はコマンド ライン オプションです。

  5. 使用許諾契約に同意します。

    --console オプションを使用する、または GUI ウィザードをサポートしないホスト システムに Workstation Player をインストールする場合、Enter キーを押して使用許諾契約を最後までスクロールして確認するか、q を入力して [yes/no] プロンプトにスキップします。

  6. プロンプトの指示に従って、インストールを完了します。

次のタスク

Workstation Player がインストールされたら、root アカウントからログアウトできます。Workstation Player の実行時に root に切り替える必要はありません。