Workstation Player は、VMware の他の製品および VMware 以外の一部の製品で作成された仮想マシンおよびシステム イメージを実行できます。

VMware 仮想マシン

Workstation Player では、VMware Workstation 4 以降、GSX Server 3.x、VMware Server、ESX Server 2.5 以降で作成された仮想マシンを実行できます。Workstation 4 の仮想マシンは、レガシー モードで実行されます。Workstation 4 より前のバージョンで作成された仮想マシンを Workstation Player で実行するには、別の VMware 製品を使用してその仮想マシンをアップグレードする必要があります。

Microsoft Virtual PC および Virtual Server 仮想マシン

Windows ホストの Workstation Player では、Microsoft Virtual PC および Virtual Server 仮想マシンを実行できます。Workstation Player で Microsoft Virtual PC を開くと、Workstation Player は VMware 製品と互換性のある構成ファイル(拡張子は .vmx)を作成します。Workstation Player は、元の Microsoft Virtual PC 構成ファイルを .vmc という拡張子のファイルとして保存します。VMware 製品互換の仮想マシンは、元の Virtual PC 構成ファイルを変更することなく保存できます。

Symantec Backup Exec System Recovery システム イメージ

Windows ホストの Workstation Player では、Symantec Backup Exec System Recovery(旧 Symantec LiveState Recovery)で作成されたシステム イメージを実行できます。Workstation Player で Backup Exec System Recovery を開くと、Workstation Player は VMware 製品と互換性のある構成ファイル(拡張子は .vmx)を作成します。Workstation Player は、元の Backup Exec System Recovery システム イメージ ファイルを拡張子 .sv2i のファイルとして保持します。