フル スクリーン モードでは、仮想マシンのディスプレイがスクリーン全体に拡大されるので、Workstation Player ウィンドウの境界線が見えなくなります。

始める前に

  • 仮想マシンをパワーオンします。

  • ゲスト OS のディスプレイ モードがホスト システムのディスプレイ モードよりも大きいことを確認します。ゲスト OS のディスプレイ モードがホスト システムのディスプレイ モードよりも小さい場合は、フル スクリーン モードを開始できない可能性があります。フル スクリーン モードを開始できない場合は、仮想マシンの構成ファイル (.vmx) に mks.maxRefreshRate=1000 という行を追加します。

  • 最新バージョンの VMware Tools がゲスト OS にインストールされていることを確認します。

  • ノート型コンピュータのフル スクリーン モードで仮想マシンを実行している場合は、バッテリ情報を報告するようにゲスト OS を構成します。ゲストでのバッテリ状態のレポートを参照してください。

手順

  • フル スクリーン モードを起動するには、仮想マシンを選択して、Player > フル スクリーン を選択します。
  • フル スクリーン モードを使用しているときにフル スクリーン ツールバーとメニューを非表示にするには、画鋲アイコンをクリックしてツールバーの外にポインタを移動します。

    これによりツールバーを固定していた画鋲が外れ、ツールバーはモニタ上部へスライドして消えます。画面上部をポイントすると、ツールバーが再び表示されます。

  • フル スクリーン モードを終了してウィンドウ モードに戻るには、フル スクリーン ツールバーから Player > フル スクリーン を選択します。フル スクリーン の横のチェック マークが消えます。