仮想ハード ディスクを拡張すると、仮想マシンにストレージ領域が追加されます。

仮想ハード ディスクを拡張しても、仮想マシンで追加領域をすぐに使用できるわけではありません。追加された領域を使用可能にするには、ディスク管理ツールを使用して、拡張されたサイズに一致するように仮想ハード ディスク上の既存のパーティションのサイズを増やす必要があります。

使用するディスク管理ツールは、仮想マシンのゲスト OS によって異なります。Windows Vista、Windows 7、一部の Linux のバージョンなど、多くのオペレーティング システムには、パーティションのサイズを変更できる組み込みのディスク管理ツールが用意されています。Symantec/Norton PartitionMagic、EASEUS Partition Master、Acronis Disk Director、オープン ソース ツールの GParted などの、サード パーティ製ディスク管理ツールも利用できます。

仮想ハード ディスクのサイズを拡張しても、パーティションとファイル システムのサイズは影響を受けません。

選択した仮想マシンの仮想ハード ディスクを拡張するには、Player > 管理 > 仮想マシン設定 を選択して仮想ハード ディスクを選択し、ユーティリティ メニューから 拡張 を選択します。

注:

仮想ハード ディスクの拡張に代わる方法として、仮想マシンに新しい仮想ハード ディスクを追加できます。