ブリッジ ネットワークを構成すると、仮想マシンはホスト システムの物理ネットワーク アダプタを使用してネットワークに接続します。

ホスト システムがネットワークに接続されている場合、一般的にブリッジ ネットワークは仮想マシンをネットワークにアクセスさせる最も簡単な方法です。

ブリッジ ネットワークでは、仮想マシンはホスト システムと同じ物理イーサネット ネットワーク上に存在する別のコンピュータとして認識されます。これにより仮想マシンは、ネットワーク上で利用可能なサービス(ファイル サーバ、プリンタ、ゲートウェイなど)を透過的に使用できます。同様に、ブリッジ ネットワークが構成された物理ホストや他の仮想マシンも、仮想マシンのリソースを使用することができます。

ブリッジ ネットワークを使用する場合、仮想マシンは接続されるネットワークで独自の ID を持たなければなりません。たとえば TCP/IP ネットワークでは、仮想マシンに独自の IPアドレスが必要です。通常、仮想マシンは、IP アドレスやその他のネットワーク詳細を DHCP サーバから取得します。構成によっては、IP アドレスやその他の詳細を手動で設定する必要がある場合もあります。

複数のオペレーティング システムを起動する場合、ユーザーが一度に 1 つのオペレーティング システムしか実行しないと想定して、すべてのシステムに同じアドレスを割り当ててしまうことがよくあります。複数のオペレーティング システムを起動するように設定されたホスト システムで、そのオペレーティング システムの内 1 つ以上を仮想マシンから実行する場合、各オペレーティング システムに独自のネットワーク アドレスを構成してください。

物理ネットワーク接続の状態を複製 オプションを選択すると、ある有線または無線ネットワークから別のネットワークへ移動すると、IP アドレスが自動的に更新されます。この設定は、仮想マシンをノート型コンピュータやその他のモバイル デバイスで実行している場合に便利です。