Workstation Player がマルチプロセッサ ホスト システムで実行している場合、17 個以上の仮想プロセッサが割り当てられた仮想マシンを開くことができます。プロセッサ数は、仮想マシンのパワーオン前に変更する必要があります。

始める前に

仮想マシンをパワーオフします。

このタスクについて

プロセッサ数は、仮想マシンの概要ビュー、または仮想マシンのハードウェア設定を表示して確認できます。

手順

  1. 仮想マシンを選択して、Player > 管理 > 仮想マシン設定 を選択します。
  2. ハードウェア タブで プロセッサ を選択します。

    プロセッサ数その他(x) に設定されていることを確認します。x は、最初に指定されたプロセッサの数です。Workstation Player は 9 個以上のプロセッサをサポートしませんが、このプロセッサ数のオリジナル構成設定を保存します。

  3. プロセッサ数 の設定を [1]、[2]、[4]、[8]、[16] に変更します。

    この設定に対する変更をコミットすると、プロセッサ数に関するオリジナルの設定は破棄され、オプションとして表示されなくなります。

  4. OK をクリックして、変更内容を保存します。