仮想マシンをサスペンドすると、現在の状態が保存されます。仮想マシンをレジュームすると、仮想マシンをサスペンドする前に実行していたアプリケーションは、そのままの内容を実行中の状態でレジュームされます。

このタスクについて

サスペンド処理とレジューム処理の実行速度は、仮想マシンの起動後に変更されたデータ量によって異なります。通常、初回のサスペンド処理は 2 回目以降のサスペンドよりも時間がかかります。

手順

  • 仮想マシンをサスペンドするには、Player > パワー > サスペンド を選択し、確認のために はい をクリックします。

    仮想マシンが最初に作成されたときに仮想マシンにソフト パワー操作が構成されている場合には、サスペンド ではなく、ゲストのサスペンド がメニューに表示されます。

    Workstation Player によって、仮想マシンがサスペンド状態のライブラリに戻されます。

  • サスペンドされた仮想マシンをレジュームするには、仮想マシンを選択して、Player > パワー > パワーオン を選択します。
  • 仮想マシン ウィンドウを閉じるときに仮想マシンをサスペンドするように Workstation Player 環境設定を設定するには、Player > ファイル > 環境設定 を選択してから、仮想マシンをサスペンドする を選択します。