Workstation Player の仮想ネットワーク コンポーネントには、仮想スイッチ、仮想ネットワーク アダプタ、仮想 DHCP サーバ、NAT デバイスが含まれます。

仮想スイッチ

仮想スイッチは、物理スイッチと同様にネットワーク コンポーネント同士を接続します。仮想スイッチには VMnet0、VMnet1、VMnet2 というように名前が付けられ、仮想ネットワークとも呼ばれます。デフォルトでは、いくつかの仮想スイッチが特定のネットワークにマップされています。

表 1. デフォルトの仮想ネットワークのスイッチ

ネットワークの種類

スイッチ名

ブリッジ

VMnet0

NAT

VMnet8

ホストオンリー

VMnet1

Workstation Player は必要に応じて仮想スイッチを作成します。Windows ホスト システムの場合は最大 20 個、Linux ホスト システムの場合は最大 255 個の仮想スイッチが作成されます。1 つの仮想スイッチに接続できる仮想ネットワーク デバイスの数は、Windows ホスト システムでは制限がありません。Linux ホスト システムでは最大 32 個です。

注:

Linux ホスト システムでは、仮想スイッチ名はすべて小文字(vmnet0 など)です。

仮想ネットワーク アダプタ

新規仮想マシン ウィザードを使用して仮想マシンを新規作成するとき、ウィザードは仮想マシンの仮想ネットワーク アダプタを作成します。仮想ネットワーク アダプタは、AMD PCNET PCI アダプタまたは Intel Pro/1000 MT サーバ アダプタとしてゲスト OS に認識されます。Windows Vista および Windows 7、Windows 8 ゲスト OS では、Intel Pro/1000 MT サーバ アダプタとして認識されます。

Player 3.x 以降の仮想マシンには、最大 10 個の仮想ネットワーク アダプタを設定できます。

仮想 DHCP サーバ

仮想ダイナミック ホスト構成プロトコル(DHCP)サーバは、外部ネットワークにブリッジされていない構成において、仮想マシンに IP アドレスを提供します。たとえば、仮想 DHCP サーバは、ホストオンリー構成と NAT 構成の仮想マシンに IP アドレスを割り当てます。

NAT デバイス

NAT 構成では、NAT デバイスは各仮想マシンと外部ネットワーク間におけるネットワーク データを渡し、各仮想マシンに送られてくるデータ パケットを的確に識別し、該当する仮想マシンに送信します。