新規仮想マシン では、仮想マシンの内部で実行するオペレーティング システムのソース メディアを選択するよう求めるプロンプトが表示されます。物理ドライブに挿入されたインストーラ ディスクまたは ISO イメージ ファイルを指定できます。または新規仮想マシン ウィザードによって未使用のハード ディスクを持つ仮想マシンを作成することもできます。

インストーラ ディスクまたは ISO イメージ ファイルを選択し、オペレーティング システムが簡易インストールをサポートしている場合、ゲスト OS が自動的にインストールされ、VMware Tools もインストールされます。インストーラ ディスクまたは ISO イメージ ファイルに製品キー コードが含まれ、すでに自動インストールを実行するように設定済みの場合、簡易インストール機能を使用する唯一のメリットは、VMware Tools が自動的にインストールされることです。

新規仮想マシン ウィザードによって未使用のハードディスクを持つ仮想マシンを作成する場合、オペレーティング システムとバージョンを指定するよう求めるプロンプトが表示されます。仮想マシンを作成した後、ゲスト OS を手動でインストールする必要があります。Workstation Player はこの情報を使用して、適切なデフォルト値と仮想マシンに関連するファイル名を設定し、パフォーマンス設定を調整し、ゲスト OS の特有の動作やバグに対応します。使用するオペレーティング システムがウィザードのリストにない場合は、オペレーティング システムとバージョンの両方に その他 を選択します。

簡易インストールをサポートしているオペレーティング システムを簡易インストールを使用せずにインストールする場合には、ウィザードに未使用のディスクを持つ仮想マシンを作成するように指示し、ゲスト OS を手動でインストールすることができます。