デフォルトでは、ワーキング ディレクトリは仮想マシン ディレクトリと同じです。次のような場合は、ワーキング ディレクトリを変更して、パフォーマンスを改善できます。たとえば、十分なディスク領域を持つ高速ディスクにページ ファイルを作成し、別のディスクに仮想ディスクと構成ファイルを残しておく場合、ワーキング ディレクトリを変更して高速ディスクに配置できます。

始める前に

仮想マシンをパワーオフします。

このタスクについて

ワーキング ディレクトリは、Workstation Player が仮想マシンのサスペンド状態のファイル (.vmss)、スナップショット (.vmsn)、仮想マシンのページ ファイル (.vmem)、および REDO ログ ファイルを保存する場所です。

ワーキング ディレクトリを変更しても、仮想マシンの構成ファイル(.vmx)やログ ファイルの保存先ディレクトリは変わりません。

手順

  1. 仮想マシンを選択して、Player > 管理 > 仮想マシン設定 を選択します。
  2. オプション タブで 全般 を選択します。
  3. 新しいワーキング ディレクトリの場所を入力するか、参照して指定します。
  4. OK をクリックして、変更内容を保存します。