仮想マシンにインストールされているゲスト OS をアップグレードする場合、または仮想マシン作成時に誤ったオペレーティング システムのバージョンを指定した場合は、仮想マシンに構成されたゲスト OS の種類を変更する必要があります。

始める前に

仮想マシンをパワーオフします。

このタスクについて

オペレーティング システムの種類を変更すると、仮想マシンの構成ファイル(.vmx)が変更されます。ゲスト OS 自体は変更されません。ゲスト OS をアップグレードするには、オペレーティング システム ベンダから適切なソフトウェアを入手してください。

手順

  1. 仮想マシンを選択して、Player > 管理 > 仮想マシン設定 を選択します。
  2. オプション タブで 全般 を選択します。
  3. 新しいオペレーティング システムとバージョンを選択します。
  4. OK をクリックして、変更内容を保存します。