VMware Workstation 12 Player バージョン 12.5 | 2016 年 9 月 13 日 | ビルド 4352439

最終更新日:2016 年 9 月 13 日

リリース ノートの追加と更新を確認してください。

リリース ノートの概要

VMware Workstation Player について

VMware Workstation Player(旧称 Player Pro)は、デスクトップを効率的に仮想化するアプリケーションです。1 台のコンピュータで、1 つ以上のオペレーティング システムを再起動なしで実行できます。VMware Workstation Player では、シンプルなユーザー インターフェイス、幅広いオペレーティング システムのサポート、および可搬性が提供されます。

製品の詳細については、VMware Workstation Player ドキュメントを参照してください。また、本バージョンの詳細については、それぞれの VMware Workstation Player ドキュメント センターを参照してください。

新機能

このリリースの VMware Workstation Player はすべての VMware Workstation 12 Player ユーザーに無料で提供されるアップグレードで、次のオペレーティング システムのサポートが追加されています。

  • Windows 10 Anniversary Update
  • Windows Server 2016

VMware Workstation 12 Player バージョン 12.5 には、さらにバグ修正、セキュリティ アップデートおよびパフォーマンスの改善が含まれています。

以前のリリース

以前にリリースされた VMware Workstation Player の機能と既知の問題は、各リリース ノートに記載されています。VMware Workstation 12 Player の以前のリリースについては、該当する次のリリース ノートをご確認ください。

既知の問題

  • Windows ホスト OS から VMware Workstation Player をアンインストールしても、一部のドライバ ファイルが削除されない

    VMware Workstation Player をアンインストールした後、ドライバ関連の次のファイルが Windows ホスト OS に残ったままになります。
    場所:C:\Windows\System32\drivers
    hcmon.sys
    vmci.sys
    vmx86.sys
    vmkbd.sys(拡張キーボード ドライバがインストールされていた場合)
    場所:C:\Program Files\Common Files\VMware\Drivers\vmci\device
    vmciver.dll

    回避策C:\Windows\System32\drivers に移動し、hcmon.sysvmci.sysvmx86.sys、および vmkbd.sys を削除します。C:\Program Files\Common Files\VMware\Drivers\vmci\device に移動し、vmciver.dll を削除します。

  • REBOOT=Reallysuppress オプションを指定せずに VMware Workstation Player のサイレント インストールを実行すると Windows ホスト OS が自動的に再起動する

    VMware Workstation Player のサイレント インストールを実行する場合、コマンド ラインに REBOOT=Reallysuppress オプションを追加しないと、インストール完了後にホスト OS が自動的に再起動します。例:VMware-player-12.5.0-xxxxxxx /s /v "/qn EULAS_AGREED=1"

    回避策:コマンドラインに REBOOT=Reallysuppress オプションを追加します。
    VMware-player-12.5.0-xxxxxxx /s /v "/qn REBOOT=Reallysuppress EULAS_AGREED=1」
    VMware 拡張キーボード機能を使用するには、その後ホストを手動で再起動する必要があります。

  • 同じホスト上の仮想マシンを同じ NAT ネットワークに接続すると、これらの仮想マシンは IPv6 のグローバル アドレスを使用して通信できない

    IPv6 を有効にした NAT ネットワークを使用している場合、同じホスト上にある仮想マシンをこの NAT ネットワークに接続すると、仮想マシンは、IPv6 のグローバル アドレスを使用して相互に通信できません。

    回避策:なし

  • VMware Tools を Fedora 24 ホスト上に手動でインストールするときに、「ソフトウェア コンポーネントの更新中に問題が発生しました。」というエラー メッセージが表示される

    [仮想マシン] > [VMware Tools のインストール] メニューをクリックして Fedora 24 ホスト上のゲスト OS に VMware Tools をインストールすると、「ソフトウェア コンポーネントの更新中に問題が発生しました。」というエラー メッセージが表示される場合があります。これは、Fedora 24 には現在 Workstation Player に組み込まれていない新しいライブラリ libncursesw.so.6.0 が同梱されているためです。

    回避策:ゲスト OS をシャットダウンし、VMware Workstation Player を終了して、端末から次のコマンドを実行して手動でライブラリをインストールします:

    sudo dnf install ncurses-compat-libs

    インストールの完了後、VMware Workstation Player を起動し、ゲスト OS をパワーオンすると、[仮想マシン] > [VMware Tools のインストール] メニューをクリックすることで VMware Tools をインストールできます。

解決した問題

  • 仮想マシンをパワーオフした後で VMware Workstation Player ウィンドウが閉じない

    Linux ホスト上で、ゲスト OS のシャットダウン中に [VMware Workstation Player] ウィンドウの [閉じる] ボタンをクリックすると、質問のダイアログが表示されます。ゲスト OS が完全にパワーオフするまで待ち、それから質問ダイアログを閉じます。[VMware Workstation Player] ウィンドウは閉じません。

    この問題は解決されています。

  • FreeBSD 10.3 ゲスト OS で VMware Tools をインストールできない

    FreeBSD システムにバンドルされている Perl の変更により、FreeBSD 10.3 ゲスト OS では VMware Tools をインストールすることができず、./vmware-install.pl スクリプトを実行するときに「vmware-install.real.pl: 見つかりません」というエラーが返されます。

    この問題は解決されています。

  • Fedora 23 ホストで Workstation Player を起動できない

    Fedora 23 を実行するホストに Workstation Player をインストールした後、Workstation Player は起動に失敗します。 

    この問題は解決されています。

  • USB Ethernet アダプタが仮想マシンへの接続に失敗する

    実行中の仮想マシンに、特定の USB Ethernet アダプタを接続することはできません。  

    この問題は解決されています。

  • Surface のカメラを仮想マシンから取り外すと、VMware Workstation Player でランタイム エラーが発生する

    Surface Pro では、カメラを仮想マシンに接続し、カメラは正常に動作します。仮想マシンからカメラを取り外すと、VMware Workstation Player でランタイム エラーのメッセージが表示され、動作が停止します。

    この問題は解決されています。

  • Workstation Player の解像度が不正になる

    Workstation Player でゲスト OS の解像度を小さい値から大きい値に変更すると、正しく表示されない場合があります。  

    この問題は解決されています。

  • VMware Workstation Player が 64 ビット Braswell N3150 プロセッサ上で仮想マシンを起動できない

    VMware Workstation Player が 64 ビット Braswell N3150 プロセッサ上で仮想マシンを起動できず、次のエラーが発生します。

    MONITOR PANIC: vcpu-0:VERIFY vmcore/vmm/main/cpuid.c:376 bugNr=1036521

    この問題は解決されています。

  • Ubuntu 15.10 以降のゲスト OS で、open-vm-tools の代わりに、バンドルされている VMware Tools バージョンを使用すると、VMware Tools が適切に動作しないことがある

    Ubuntu 15.10 以降のゲスト OS で、open-vm-tools の代わりに、VMware Workstation Player にバンドルされている VMware Tools バージョンを使用すると、VMware Tools が正常に動作しません。システムを再起動すると、Ubuntu クラッシュ レポートが表示され、VMware Tools のサービスの 1 つが動作を停止することがあります。

    この問題は解決されています。

check-circle-line exclamation-circle-line close-line
Scroll to top icon