VMware Workstation 12 Player バージョン 12.5.3 | 2017 年 3 月 9 日 | ビルド 5115892

最終更新日:2017 年 3 月 9 日

リリース ノートの追加と更新を確認してください。

リリース ノートの概要

このリリース ノートには、次のトピックが含まれています。

VMware Workstation Player について

VMware Workstation Player(旧称 Player Pro)は、デスクトップを効率的に仮想化するアプリケーションです。1 台のコンピュータで、1 つ以上のオペレーティング システムを再起動なしで実行できます。VMware Workstation Player では、シンプルなユーザー インターフェイス、幅広いオペレーティング システムのサポート、および可搬性が提供されます。

製品の詳細については、VMware Workstation Player ドキュメントを参照してください。また、本バージョンの詳細については、それぞれの VMware Workstation Player ドキュメント センターを参照してください。

新機能

VMware Workstation 12 Player バージョン 12.5.3 は、すべての VMware Workstation 12 Player ユーザーに無償で提供されるアップグレードです。それには、バグ修正、セキュリティ更新およびパフォーマンスの向上が含まれています。

以前のリリース

以前にリリースされた VMware Workstation Player の機能と既知の問題は、各リリース ノートに記載されています。VMware Workstation 12 Player の以前のリリースについては、該当する次のリリース ノートをご確認ください。

既知の問題

  • VMware Tools インストーラが失敗し、FreeBSD 11.0 仮想マシンにエラー メッセージが表示される
    FreeBSD 11.0 仮想マシンでは、VMware Tools インストール プロセスの最後に、ゲスト メモリ マネージャおよびブロッキング ファイル システム サービスが起動に失敗したことをインストーラが示します。
    回避策
    :ありません。
    1. VMware Tools をインストールします。
    2. /usr/local/bin/vmware-config-tools.pl が呼び出されるのを回避するには、以下の質問に対して [いいえ] と答えます:このプログラムからコマンドを呼び出すようにしますか? 
    3. 次の構成スクリプトを実行します:/usr/local/bin/vmware-config-tools.pl --skip-stop-start
    4. 次のコマンドを実行します:echo "answer VMMEMCTL_CONFED no" >> /etc/vmware-tools/locations
    5. 次のコマンドを使用して VMware Tools を起動します:/usr/local/etc/rc.d/vmware-tools.sh star

解決した問題

  • USB パススルー モードの仮想マシンで、USB 仕様に準拠しない USB デバイスを使用すると、ゲストが使用不能になる
    USB 仕様に準拠しない USB デバイス(Broadcom 5880 スマート カード リーダーなど)を Windows 7 または Windows 10 ゲスト OS にパススルーしようとすると、デバイスによってゲスト CPU 使用率が最大レベルまで増加し、ゲストが使用不能になります。

    この問題は解決されています。
  • USB デバイスを仮想マシンから安全に削除した後、デバイスを取り外すときに Workstation Player がクラッシュすることがある
    USB デバイスを仮想マシンに接続し、デバイスからの読み取りとデバイスへの書き込みを実行し、デバイスをゲスト OS から安全に削除して、デバイスを物理ポートから取り外すと、Workstation Player がクラッシュすることがあります。

    この問題は解決されています。
  • VMware Tools 10.0.10 を実行する Windows XP ゲスト OS で ThinPrint テクノロジーが動作しない
    ユーザーが VMware Tools 10.0.10 を実行する Windows XP ゲストを使用する場合、ThinPrint テクノロジーによってゲストにマップされたホスト プリンタがユーザーに表示されません。

    この問題は、VMware Tools 10.0.12 を新規インストールすることで解決されました。VMware Tools 10.0.10 から 10.0.12 へのアップグレードでは問題は解決しません。
  • 仮想マシンに Active Braille デバイスを接続すると失敗する
    Workstation Pro ユーザーが [仮想マシン] > [取外し可能デバイス] の順に選択して仮想マシンに Active Braille デバイスを接続しようとすると失敗し、「ドライバ エラー」メッセージがメッセージ ログに表示されます。また、ゲスト OS にはデバイスの記録が表示されません。

    この問題は解決されています。
  • ユーザーがゲスト OS でアクティブ FTP を実行した後、vmnat.exe プロセスがホストの TCP ポートを使用し続ける
    ユーザーがゲスト上でアクティブ FTP を実行するときに、vmnat.exe プロセスはホスト上で新しい TCP ポートを消費します。FTP セッションが終了しても、プロセスは TCP ポートを解放しません。

    この問題は解決されています。
  • パラレル ポートを仮想マシンに接続することができない
    パラレル ポートを物理パラレル ポートにマップしようとすると、仮想マシンでパラレル ポートを使用することができません。[仮想マシン] > [設定] の順に選択したときにリストされる接続パラレル ポートによって次のエラーが発生します:LPT1 の VMparport ドライバを開くことができません:指定したファイルが見つかりません。

    この問題は解決されています。
check-circle-line exclamation-circle-line close-line
Scroll to top icon