VMware Workstation 12 Player バージョン 12.1 リリース ノート

08/05/2017 11:01:15
|

VMware Workstation 12 Player バージョン 12.1 | 2015 年 12 月 8 日 | ビルド 3272444

最終更新日: 2015 年 12 月 8 日

これらのリリース ノートへの追加や更新を確認してください。

リリース ノートの概要

このリリース ノートには、次のトピックが含まれています。

VMware Workstation Player について

VMware Workstation Player(旧称 Player Pro)は、デスクトップを効率的に仮想化するアプリケーションです。1 台のコンピュータで、1 つ以上のオペレーティング システムを再起動なしで実行できます。 VMware Workstation Player では、シンプルなユーザー インターフェイス、幅広いオペレーティング システムのサポート、および可搬性が提供されます。

製品の詳細については、VMware Workstation Player ドキュメントを参照してください。また、本バージョンの詳細については、それぞれの VMware Workstation Player ドキュメント センターを参照してください。

新機能

VMware Workstation 12 Player バージョン 12.1 は、一部の既知の問題を解決するメンテナンス リリースです。 すべての VMware Workstation 12 Player ユーザーは無料でアップグレードできます。

以前のリリース

以前にリリースされた VMware Workstation Player の機能と既知の問題は、各リリース ノートに記載されています。 以前のリリースの VMware Workstation 12 Player のリリース ノートについては、次のリンクをクリックしてください。

既知の問題

VMware Workstation Player の本リリースでは、以下の問題が発生する場合があります。

  • ゲストを Windows 10 バージョン 1511 にアップグレードすると、VMware Tools 関連の機能が動作しなくなる場合がある
    Windows 7、Windows 8 および Windows 8.1 などの Windows のメジャー バージョンを Windows 10 バージョン 1511 にアップグレードすると、共有フォルダ、ユニティ モード、またはユニティ表示などの VMware Tools 関連の機能が動作しなくなります。
    回避策: 次の回避策は同じ手順から構成されますが、回避策はアップグレードのさまざまな時点で実行されます。
    • この問題を回避するには、次の手順を実行します。
      1. Windows ゲストを Windows 10 バージョン 1511 にアップグレードする前に VMware Tools をアンインストールします。
      2. 仮想マシンを再起動します。
      3. アップグレードしたら、VMware Tools を再インストールします。
    • Windows 10 バージョン 1511 にアップグレードした後に、この問題が発生する場合、次の手順を実行してすべての VMware Tools 関連の機能が動作するように有効にします。
      1. ゲスト OS から VMware Tools をアンインストールします。
      2. 仮想マシンを再起動します。
      3. VMware Tools を再インストールします。
  • 簡易インストール オプションで、Windows 10 バージョン 1511 ゲストのインストールが完了しない
    簡易インストール オプションを使用して Windows 10 バージョン 1511 ゲスト OS をインストールすると、インストール プロセスが
    [インストールするオペレーティング システムの選択] 画面で停止します。
    回避策: オペレーティング システムを選択し、[次へ] をクリックして、インストール プロセスを手動で完了します。
  • Windows Server 2016 Technical Preview ホストで [ヘルプ] リンクが表示されない
    Windows Server Technical Preview 上の VMware Workstation Pro または VMware Workstation Player で [ヘルプ] にアクセスしようとすると、Microsoft Edge(デフォルトのブラウザ)が起動に失敗し、[ヘルプ] リンクが表示されません。 代わりに、次のエラー メッセージが表示されます。 指定されたモジュールを見つけることができませんでした。
    回避策: デフォルトの Web ブラウザを Microsoft Edge から Internet Explorer、Chrome、または Firefox などのブラウザに変更します。

解決した問題

VMware Workstation Player の本バージョンでは、以下の問題が解決されました。

  • 簡易インストール プロセスで、VMware Workstation Pro が Windows 10 バージョン 1511 の ISO イメージを Windows Server 2012 R2 のイメージと誤って解釈する
    新しい仮想マシンを作成するときに、Windows 10 バージョン 1511 の ISO ファイルを [新規仮想マシン] ウィザードで選択すると、ウィザードに「Windows 10 が検出されました。 オペレーティング システムは簡易インストールを使用します」と表示されます。 しかし、次の手順の [インストールする Windows のバージョン] ダイアログ ボックスには、Windows Server 2012 R2 のオプションしか表示されません。

    この問題は解決されています。
  • Microsoft Excel アプリケーションが、入力に 1 秒遅れて応答する
    Windows 10 仮想マシンで Microsoft Excel 2013 を実行すると、このアプリケーションは入力に 1 秒遅れて応答します。

    この問題は解決されています。
  • VMware Workstation 12 Player で nogui オプションを付けて vmrun コマンドを実行すると、このコマンドが失敗する

    この問題は解決されています。
  • Windows 7 以降のホストの USB 3.0 ポートに接続された UAS デバイスは、正常にゲストに接続されない場合がある
    UAS デバイスがゲスト OS に接続しているときに、デバイスの電源をオフにしてからオンにしても、デバイスはゲストに正常に再接続しません。 Workstation Pro で [仮想マシン] > [取り外し可能デバイス] を選択すると、デバイスはゲストに接続済みとして表示されますが、デバイスはゲストの Windows Explorer に表示されません。

    この問題は解決されています。