check-circle-line exclamation-circle-line close-line

VMware Workstation 15 Player リリース ノート

VMware Workstation 15 Player | 2018 年 9 月 24 日 | ビルド 10134415

リリース ノートの概要

VMware Workstation Player について

VMware Workstation Player™ は、デスクトップを効率的に仮想化するアプリケーションです。1 台のコンピュータで、別のオペレーティング システムを再起動なしで実行できます。VMware Workstation Player では、VMware エコシステムにわたりシンプルなユーザー インターフェイス、幅広いオペレーティング システムのサポート、および可搬性が提供されます。

詳細については、VMware Workstation Player のドキュメントを参照してください 

システム要件

2011 年以降に発売されたプロセッサ (CPU) を使用したシステムがサポートされています。以下はサポート対象外です。

  • 2011 Bonnell マイクロアーキテクチャをベースにする Intel Atom プロセッサ。Atom Z670/Z650、Atom N570 など。
  • 2012 Saltwell マイクロアーキテクチャをベースにする Intel Atom プロセッサを使用するシステム。Atom S1200、Atom D2700/D2500、Atom N2800/N2600 など。
  • Llano および Bobcat マイクロアーキテクチャをベースにする AMD プロセッサを使用するシステム。コード名 Hondo、Ontario、Zacate、Llano など。

また、以下のシステムもサポートされます。2010 Westmere マイクロアーキテクチャをベースにする Intel プロセッサを使用するシステム。Xeon 5600、Xeon 3600、Core i7-970、Core i7-980、Core i7-990 など。

新機能

Workstation 15 Player は、新たに以下のサポートを提供します。

  • 新しいゲスト OS のサポート
    Workstation 15 Player は、新たに以下のサポートを提供します。 
    • Windows 10 1803
    • Ubuntu 18.04
    • Fedora 28
    • RHEL 7.5
    • CentOS 7.5
    • Debian 9.5
    • OpenSuse Leap 15.0
    • FreeBSD 11.2
    • ESXi 6.7
  • DirectX 10.1
    DirectX 10.1 は DirectX 10.0 の増分アップデートです。マルチサンプリング アンチエイリアシング (MSAA) のサポートにより高品質の視覚効果を提供します。DirectX 10.1 は Shader Model 4.1 および Cubemap Array もサポートします。
  • ハードウェア バージョン 16
    • DirectX 10.1 のサポート
    • 最大 3GB のグラフィックス メモリ
  • REST API
    Workstation RESTful API を使用して、標準の JSON over HTTP または HTTPS を使用する一般的な仮想マシン タスクを自動化することができます。次の仮想マシン操作がサポートされています。
    • 仮想マシン インベントリ管理
    • 仮想マシンの電源管理
    • ネットワーク管理
  • VCSA 6.7 のサポート
    Workstation 15 Player を使用すると、VMware Workstation 15 Player に VCSA 6.7 (vCenter Server Appliance) をインポートして実行できます。
     
  • 仮想マシンへの USB 自動接続
    接続ルールを記憶するように Workstation 15 Pro を構成すると、USB デバイスはパワーオンされた仮想マシンに自動的に接続できます。

    これは Windows ホストのみの機能です。
     
  • 高 DPI のサポート
    高 DPI 関連の機能を使用するには、ホストおよび仮想マシンのオペレーティング システムが Windows 10 バージョン 1703 以上である必要があります。
    • ホスト レベルの高 DPI のサポート - Workstation インターフェイスは、ホスト レベルの DPI 変更を自動検出し、新しい DPI に合わせてレイアウトを自動調整します。
    • ホストとのゲスト DPI の同期 - ホスト側で DPI が変更されると、ゲスト OS はホスト DPI に合わせて DPI を調整します。この機能には VMware Tools 10.3.2 が必要です。

既知の問題

  • VMware Workstation Player for Linux ホストで仮想マシンを開くことができない

    Linux ホストで、ファイルとアプリケーションの使用状況を記録する設定が無効になっていると、VMware Workstation Player で仮想マシンを開くことができません。

    たとえば、Ubuntu 18.04 では、設定は [設定] > [プライバシー] > [使用状況と履歴] です。.16.04 など、それ以前の Ubuntu では、設定は [システム設定] > [セキュリティとプライバシー] > [ファイルとアプリケーション] です。

    回避策:ファイルとアプリケーションの使用状況を記録する設定を有効にします。