VMware アップデート サーバに接続するためにプロキシ サーバを使用する接続設定を構成できます。

プロキシ接続設定を構成するには、[編集] > [環境設定] > [アップデート] を選択し、[接続設定] をクリックします。

表 1. 接続設定

設定

説明

[プロキシなし]

プロキシ サーバを使用しません。

[Windows プロキシ設定]

(Windows ホストのみ) Workstation Pro は、VMware アップデート サーバにアクセスするときに [インターネット オプション] コントロール パネルの [接続] タブで指定されたホストのプロキシ設定を使用します。

ゲスト接続オプションを確認するには [インターネット オプション] をクリックします。

[システム プロキシ設定]

(Linux ホストのみ)Workstation Pro は VMware アップデート サーバにアクセスするときに、ホストのプロキシ設定を使用します。

[手動プロキシ設定]

VMware アップデート サーバにアクセスするための HTTP または Socks プロキシを選択し、プロキシ サーバのアドレスとポート番号を指定します。

[ユーザー名] および [パスワード]

プロキシ サーバ認証に使用するユーザ名とパスワードです。Windows ホストでは、[ユーザー名] または [パスワード] テキスト ボックスが空の場合、Workstation Pro はどちらの値も使用しません。Linux ホストでは、[ユーザー名] または [パスワード] テキスト ボックスが空の場合、Workstation Pro は gnome 設定で指定されたユーザー名とパスワードを使用します。

プロキシの設定変更を有効にするには Workstation Pro を再起動する必要があります。