拡張ファームウェア インターフェイス(EFI)は、BIOS に代わるテクノロジで、最近のコンピュータおよびオペレーティング システムがコンピュータを起動するために使用します。EFI は、統合拡張ファームウェア インターフェイス(UEFI)と呼ばれることもあります。

EFI ファームウェア オプションを使用するか、カスタム構成を使用するときに 新規仮想マシン ウィザードで BIOS を選択することで、仮想マシンを起動できます。

EFI ファームウェア オプションは、リモート仮想マシンを共有仮想マシン モードで作成するときに指定できます。

前提条件

次の条件が満たされていることを確認します。

  • 仮想マシンにインストールするゲスト OS で EFI ファームウェアがサポートされている。

  • 仮想マシンではハードウェア バージョン 8 以降を使用する。

  • システムを起動するためのソフトウェアがインストールされている。

手順

  1. Workstation Pro インターフェイスで、[仮想マシン] > [設定] を選択します。
  2. [オプション] タブをクリックし、[詳細] をクリックします。
  3. [BIOS の代わりに EFI で起動する] チェック ボックスを選択します。
  4. [OK] をクリックします。