Linux 仮想マシンの場合、VMware Tools はコマンド ラインを使用して手動でインストールまたはアップグレードします。

始める前に

  • 仮想マシンをパワーオンします。

  • ゲスト OS が実行中であることを確認します。

  • VMware Tools インストーラは Perl で記述されているため、ゲスト OS に Perl がインストールされていることを確認します。

手順

  1. ホストの Workstation Pro メニュー バーから、仮想マシン > VMware Tools のインストール を選択します。

    古いバージョンの VMware Tools がインストールされている場合は、メニュー項目は VMware Tools のアップデート になります。

  2. 仮想マシンで、root としてゲスト OS にログインし、ターミナル ウィンドウを開きます。
  3. Linux ディストリビューションで VMware Tools の仮想 CD-ROM イメージが自動的にマウントされたかどうかを確認するには、引数なしで mount コマンドを実行します。

    CD-ROM デバイスがマウントされている場合、CD-ROM デバイスとそのマウント ポイントが次のように表示されます。

    /dev/cdrom on /mnt/cdrom type iso9660 (ro,nosuid,nodev)
  4. VMware Tools の仮想 CD-ROM イメージがマウントされていない場合、CD-ROM ドライブをマウントします。
    1. マウント ポイントのディレクトリが存在しない場合は作成します。
      mkdir /mnt/cdrom

      一部の Linux ディストリビューションでは、異なるマウント ポイント名を使用します。たとえば、いくつかのディストリビューションのマウント ポイントは、/mnt/cdrom ではなく /media/VMware Tools です。ご使用のディストリビューションの規則を反映するようにコマンドを変更してください。

    2. CD-ROM ドライブをマウントします。
      mount /dev/cdrom /mnt/cdrom

      一部の Linux ディストリビューションでは、異なるデバイス名を使用したり、/dev ディレクトリが異なっていたりすることがあります。CD-ROM ドライブが /dev/cdrom ではない場合、または CD-ROM のマウント ポイントが /mnt/cdrom でない場合は、ディストリビューションの規則を反映するようにコマンドを変更してください。

  5. 作業ディレクトリ(/tmp など)に変更します。

    cd /tmp

  6. VMware Tools をインストールする前に、前回の vmware-tools-distrib ディレクトリを削除します。

    このディレクトリの場所は、前回のインストール中にこのディレクトリを配置した場所に応じて異なります。多くの場合、このディレクトリの場所は /tmp/vmware-tools-distrib です。

  7. マウント ポイントのディレクトリの内容を一覧表示し、VMware Tools tar インストーラのファイル名を書き留めます。
    ls mount-point
  8. インストーラを展開します。
    tar zxpf /mnt/cdrom/VMwareTools-x.x.x-yyyy.tar.gz

    x.x.x は製品のバージョン番号を、yyyy は製品リリースのビルド番号を示します。

    RPM インストールの実行後に tar インストールを実行するか、その逆の順序でインストールを実行すると、インストーラは前回のインストールを検出するため、続行する前にインストーラのデータベース形式を変換する必要があります。

  9. 必要に応じて、CD-ROM イメージのマウントを解除します。
    umount /dev/cdrom 

    CD-ROM が自動的にマウントされる Linux ディストリビューションの場合は、イメージのマウントを解除する必要はありません。

  10. インストーラを実行して VMware Tools を構成します。
    cd vmware-tools-distrib
    ./vmware-install.pl

    通常、インストーラ ファイルの実行が終了した後に、vmware-config-tools.pl 構成ファイルが実行されます。

  11. 使用する構成として適切である場合は、プロンプトに従ってデフォルト値をそのまま使用します。
  12. スクリプトの最後の指示に従います。

    使用する機能に応じて、これらの指示には X セッションの再開、ネットワーク処理の再開、再ログイン、および VMware ユーザー プロセスの開始などが含まれます。または、ゲスト OS を再起動してこれらのタスクを実行することもできます。

タスクの結果

次のタスク

新しい仮想ハードウェア バージョンが仮想マシンで使用可能な場合は、仮想ハードウェアをアップグレードします。