仮想マシンをコピーまたは移動するときに必ず新しい UUID が仮想マシンに設定されるように構成し、作業時にプロンプトが表示されるのを回避できます。

始める前に

仮想マシンをパワーオフします。

手順

  1. テキスト エディタで仮想マシンの構成ファイル(.vmx)を開きます。
  2. uuid.action プロパティを .vmx ファイルに追加し、create を指定します。

    例: uuid.action = "create"