Windows または Linux ホスト システムに Workstation Pro をインストールすると、ホストオンリー ネットワーク(VVMnet1)が構築されます。複数のホストオンリー ネットワークを構成し、仮想マシン間のネットワーク トラフィックを特定の方法で管理できます。

始める前に

  • Windows ホストの場合は、Administrator ユーザーとしてログインします。仮想ネットワーク エディタでネットワーク設定を変更できるのは Administrator ユーザーのみです。

  • Linux ホストの場合は、root としてログインします。仮想ネットワーク エディタを使うには、root のパスワードを入力する必要があります。

このタスクについて

たとえば、複数のホストオンリー ネットワークを同一ホスト システム上に設定し、2 つの仮想ネットワーク間のルーティングをテストしたり、物理ネットワーク アダプタを一切使用せずに複数のネットワーク インターフェイス カードを持つ仮想マシンをテストしたりできます。2 台の仮想マシンを 1 つのホストオンリー ネットワークに接続し、他の仮想マシンを別のホストオンリー ネットワークに接続することで、各ネットワークのネットワーク トラフィックを分離できます。

手順

  1. 編集 > 仮想ネットワーク エディタ を選択します。
  2. ネットワークの追加 をクリックして、たとえば VMnet2 など、追加するネットワークを選択します。

    VMnet2 ~ VMnet7 上にカスタムのホストオンリー ネットワークを作成することができます。Windows ホストの場合は、VMnet9 も使用できます。Linux の場合は、さらに VMnet10 ~ VMnet255 まで使用できます。

    新しいネットワークは、デフォルトでホストオンリー ネットワークとして構成されます。

  3. OK をクリックして、変更内容を保存します。

タスクの結果

Linux ホスト システムでは、ホストオンリー ネットワークがセットアップされると、eth0、lo、vmnet1、および vmnet2 の少なくとも 4 つのネットワーク インターフェイスが表示されます。これらの 4 つのインターフェイスには、個別のサブネットに属する、それぞれ異なった IP アドレスが割り当てられます。