新規仮想マシン ウィザードでカスタム構成を選択すると、仮想マシンのネットワーク接続の種類を構成するよう求めるプロンプトが表示されます。

リモート仮想マシンを作成する場合、カスタム ネットワークまたはネットワーク接続なしを選択する必要があります。

表 1. ネットワーク接続設定

設定

説明

ブリッジ ネットワークを使用

仮想マシンにブリッジ ネットワーク接続を構成します。ブリッジ ネットワークを使用すると、仮想マシンは外部イーサネット ネットワークに直接アクセスできます。仮想マシンは外部ネットワークに独自の IP アドレスを持つ必要があります。

ホスト システムがネットワークに接続されており、仮想マシンに独自の IP アドレスを設定できる(または DHCP サーバから IP アドレスが割り当てられる)場合は、この設定を選択します。ネットワーク上の他のコンピュータは、仮想マシンと直接通信できます。

NAT を使用

仮想マシンに NAT 接続を構成します。NAT を使用すると、仮想マシンとホスト システムはネットワーク外部では認識されない 1 つのネットワーク ID を共有します。

仮想マシンに独自の IP アドレスを割り当てずにインターネット接続を可能にする場合は、NAT を選択します。

ホストオンリー ネットワークを使用

仮想マシンにホストオンリー ネットワーク接続を構成します。ホストオンリー ネットワークは、ホスト OS が認識できる仮想ネットワーク アダプタを使用して、仮想マシンとホスト システムとの通信を実現します。

ホストオンリー ネットワークを使用した場合、仮想マシンが通信できるのは、ホスト システム、およびホストオンリー ネットワーク内の他の仮想マシンのみです。隔離された仮想ネットワークを構築するときは、ホストオンリー ネットワークを選択します。

ネットワーク接続を使用しない

仮想マシンにネットワーク接続を構成しません。

カスタム(Windows ホスト)または 指定されたネットワーク(Linux ホスト)

(リモート仮想マシンのみ)特定の仮想ネットワークを選択します。

仮想スイッチ、仮想ネットワーク アダプタ、仮想 DHCP サーバ、および NAT デバイスについては ネットワーク接続の構成 を参照してください。