新規仮想マシン ウィザードが簡易インストールをサポートしているオペレーティング システムを検出すると、ゲスト OS に関する情報がプロンプトに表示されます。仮想マシン作成後にゲスト OS が自動的にインストールされ、VMware Tools もインストールされます。

Windows ゲスト OS では、次の簡易インストール情報を提供する必要があります。

表 1. Windows ゲストの簡易インストール情報

簡易インストール プロンプト

説明

[Windows プロダクト キー]

(オプション)製品キーは、インストール メディアにボリューム ライセンス製品キーが含まれている場合を除いて入力してください。ここで製品キーを入力すると、ゲスト OS をインストールするときには製品キーの入力を求めるプロンプトは表示されません。

[インストールする Windows のバージョン]

インストールする Windows オペレーティング システムのエディションを選択します。

[フル ネーム]

ゲスト OS の登録に使用する名前。Administrator または Guest という名前は使用しないでください。これらの名前を使用すると、ゲスト OS のインストール時には異なる名前を入力する必要があります。

[パスワード]

(オプション)Windows 2000 を除く Windows OS では Administrator アクセス権を持つアカウントに使用するパスワード。Windows 2000 では、これは Administrator アカウントのパスワードになります。Windows XP Home では、パスワードのない Administrator アカウントが作成され、ゲスト OS に自動的にログインします。

[自動的にログオン(パスワードが必要)]

(オプション)ログイン認証情報を保存し、仮想マシンをパワーオンしたときのログイン ダイアログ ボックスを省略します。この機能に使用する名前とパスワードを入力する必要があります。

Linux ゲスト OS では、次の簡易インストール情報を提供する必要があります。

表 2. Linux ゲストの簡易インストール情報

プロンプト

説明

[フル ネーム]

登録が必要な場合、ゲスト OS の登録に使用する名前。Workstation Pro では、名(ファースト ネーム)が仮想マシンのホスト名として使用されます。

[ユーザー名]

ユーザー名。小文字、数字、ダッシュ記号を使用できます。ただし、ユーザー名の先頭文字にダッシュ記号を使用しないでください。root という名前は使用しないでください。オペレーティング システムによっては、このユーザーに sudo アクセス権が設定されます。このユーザーに root 権限を割り当てるときは、su を使用する必要がある場合もあります。

[パスワード]

[ユーザー名] および root ユーザーのパスワード。

簡易インストールによる ゲスト OS のインストールを参照してください。