仮想マシンからファイルを削除しても、それらのファイルが占めていたディスク領域がすぐにホスト システムに戻されるわけではありません。仮想ディスクにこのような空き領域がある場合は、ディスクのクリーンアップ コマンドを使用してその領域を Microsoft Windows ホスト上のハード ドライブへ戻すことができます。.

始める前に

  • Windows ホストを使用していること、およびゲスト OS が NTFS を使用していることを確認します。(NTFS は、Windows XP 以降のオペレーティング システムで標準です。)この機能は、すべての NTFS ハード ディスク上で動作しますが、オペレーティング システムが Windows XP 以降の場合は、より多くのディスク領域が解放されます。

  • 仮想マシンをシャットダウンまたはパワーオフしてください。仮想マシンがパワーオンまたはサスペンド状態のときは、このコマンドを使用できません。

このタスクについて

ディスクのクリーンアップ コマンドは、Workstation Pro の仮想マシン設定の 圧縮 コマンド、および VMware Tools が提供する 圧縮 コマンドに似ています。ディスクのクリーンアップ コマンドのメリットは次のとおりです:

  • ディスクのクリーンアップ コマンドは、スナップショットを持つ仮想マシン、あるいはリンク クローンやリンク クローンの親である仮想マシンに使用することができます。

  • ディスクのクリーンアップ コマンドでは、圧縮 コマンドよりも多くのディスク領域が解放されます。

    ディスクのクリーンアップ コマンドでは、ゲスト OS が Windows XP 以降であり、Workstation 8 以降に互換性のある VMware Tools がインストールされている場合に、仮想マシンの現状、パワーオフ状態のスナップショット、およびパワーオンのスナップショットからディスク領域が解放されます。

  • ディスクの最適化 コマンドおよび VMware Tools が提供する 圧縮 コマンドとは異なり、ディスクのクリーンアップ コマンドでは、ホスト上の追加のディスク領域が不要です。ディスクのクリーンアップ コマンドは、仮想ディスク(.vmdk)ファイル上で直接動作します。

注:

このコマンドは、共有またはリモートの仮想マシンには使用できません。

手順

  1. ライブラリで仮想マシンを選択します。
  2. メニュー バーから VM > 管理 > ディスクのクリーンアップ を選択します。

    Workstation Pro は、どれだけの領域を解放できるかを計算し、今すぐクリーンアップ ボタンが使用できるようになるか、コマンドが使用できない理由を示すメッセージが表示されます。

  3. 今すぐクリーンアップ をクリックするとプロセスが開始されます。

    ダイアログ ボックスには、クリーンアップ処理の進捗状況が表示されます。