仮想マシンの画面サイズを制御して、Workstation Pro コンソールを、アクティブな仮想マシンのゲスト OS の画面サイズと一致させることができます。

始める前に

このタスクについて

対応する自動調整オプションがアクティブのときは、コンソールとゲスト OS の画面サイズは同じになるので、サイズ調整オプションは不要になります。

手順

  • 画面サイズのオプションを構成するには、表示 > 自動サイズ調整 を選択し、自動調整オプションを選択します。

    オプション

    説明

    ゲストをウィンドウに合わせる

    仮想マシンは、ゲストの画面解像度を変更して、Workstation Pro コンソールのサイズに合わせます。

    ゲストを拡大

    仮想マシンは、ゲストの画面をフル スクリーンに合わせます。ゲストの画面解像度は変更されません。

    ゲストを中央に表示

    仮想マシンは、ゲストの画面をフル スクリーンの中央に合わせます。ゲストの画面解像度は変更されません。

    ウィンドウを合わせる

    Workstation Pro コンソールは、仮想マシンの画面解像度のサイズを維持します。ゲスト OS の解像度が変更になった場合は、Workstation Pro コンソールは新しい解像度に合わせてサイズを変更します。

  • ウィンドウのサイズ調整のオプションを構成するには、表示 を選択し、サイズ調整のオプションを選択します。

    オプション

    説明

    ウィンドウを今すぐ合わせる

    Workstation Pro コンソールを現在のゲスト OS の画面サイズに合わせます。

    ゲストをウィンドウに今すぐ合わせる

    ゲスト OS の画面サイズを現在の Workstation Pro コンソールに合わせます。