仮想マシンは VM メニュー またはツール バーからシャットダウンできます。VM メニューを使用するときは、ハードまたはソフト パワー オプションを選択できます。

このタスクについて

Workstation Pro を終了する前にローカル ホスト システム上で実行している仮想マシンをパワーオフする必要はありません。仮想マシンをバックグラウンドで実行したまま Workstation Pro を終了できます。仮想マシンを閉じる/Workstation Pro を終了するを参照してください。

仮想マシンをフォルダ内に格納しているときは、バッチ処理による電源操作を行えます。フォルダによる仮想マシンの管理を参照してください。

手順

  • 仮想マシンのシャットダウン時にパワー オプションを選択するには、仮想マシンを選択してから VM > パワー を選択します。

    オプション

    説明

    パワーオフ

    (ハード オプション)Workstation Pro は、作業中の状態に関係なく仮想マシンを突然パワーオフします。

    ゲストのシャットダウン

    (ソフト オプション)Workstation Pro はゲスト OS にシャットダウン信号を送信します。信号を認識したオペレーティング システムは、安全にシャットダウンします。一部のゲスト OS は、Workstation Pro からのシャットダウン信号に反応しません。ゲスト OS が信号に反応しない場合は、物理マシンと同じようにゲスト OS でシャットダウンしてください。

  • ツール バーから仮想マシンをシャットダウンするには、仮想マシンを選択して [停止] ボタンをクリックします。

    仮想マシンに構成されている停止のパワー コントロール設定によって Workstation Pro がハード パワーオフまたはソフト パワーオフのどちらの操作を実行するかが決定されます。ボタンの上にマウスを置くと、設定された動作がツールチップに表示されます。

  • サスペンドされた仮想マシンをシャットダウンするには、仮想マシンを選択してから VM > パワー > パワー オフ を選択します。