新規仮想マシン ウィザードのカスタム構成中に新しい仮想ディスクを作成することを選択すると、仮想マシンの仮想ハード ディスク タイプを選択するよう求めるプロンプトが表示されます。

仮想ディスクは、どのゲスト OS を使用している場合でも IDE ディスクにセットアップできます。仮想マシンで利用できる LSI Logic または BusLogic SCSI コントローラのドライバがインストールされているゲスト OS では、仮想ディスクを SCSI ディスクとして設定することも可能です。一部のゲスト OS を使用している場合、仮想ディスクを SATA ディスクとしてセットアップできます。

仮想ディスク ノードおよびモードの設定は仮想マシン作成後に変更できます。