自動ソフトウェア更新を有効にすると、弊社から提供される最新リリースの情報を確実に入手できます。

常に最新のソフトウェアを利用することにより、製品の新機能やパフォーマンスの向上の恩恵を受けることができ、最新のパッチがシステムに適用されることが保証され、新しいゲスト OS もいち早くサポートされます。自動ソフトウェア更新機能は、Workstation Pro のインストール中に、または Workstation Pro の環境設定を構成することによって有効にできます。この機能はいつでも無効にすることができます。

ソフトウェアの更新があるかどうかを調べるために、VMware ソフトウェア更新機能は次の匿名情報を安全な方法で弊社に送信します。

  • 個別のシステムを識別する UUID(汎用一意識別子)

  • 製品名、製品バージョン、ビルド番号

  • ホスト OS 名、バージョン、ロケール設定

VMware ソフトウェア更新機能では、氏名、住所、電話番号、メール アドレスなどの個人データが収集されることはありません。お客様の製品ライセンス キーおよび MAC アドレスは弊社に送信されず、弊社にてお客様の IP アドレスを送信データとともに保存することもありません。

ソフトウェア更新機能によって送信された情報を、弊社が製品開発の計画目的に利用する場合もあります。弊社ではお客様の情報を保護するために、物理的アクセスの管理、インターネット ファイアウォール、侵入検知、ネットワーク監視など、業界標準の情報管理体制を導入し、データへのアクセスを厳しく制限しています。

VMware ソフトウェア更新機能によって収集された情報は、弊社のプライバシー ポリシーに従って取り扱われます。