フォルダ内にある仮想マシンはユニットとして管理できます。たとえば、フォルダ タブで複数の仮想マシンを選択し、複数の仮想マシンに同時に電源操作を実行できます。

このタスクについて

デフォルトでは、いくつかの仮想マシンを同時にパワーオンすると、Workstation Pro では次の仮想マシンをパワーオンするまで 10 秒の遅延時間があります。Workstation Pro では、仮想マシンへの電源操作はフォルダ タブに表示される順序で実行されます。

Workstation Pro の環境設定を変更することにより、デフォルトのパワーオン遅延設定を変更できます。パワーオン遅延の変更を参照してください。

手順

  • 複数の仮想マシンに同時に電源操作を実行するには、<Ctrl> キーを押しながらフォルダ タブ上の仮想マシンをクリックして選択し、ツール バーまたは VM メニューから電源操作を選択します。

    選択したすべての仮想マシンが同じ電源状態にある必要があります。

  • すべての仮想マシンに同時に電源操作を実行するには、ライブラリでフォルダを選択し、ツール バーまたは VM メニューから電源操作を選択します。

    フォルダ内のすべての仮想マシンが同じ電源状態にある必要があります。

  • フォルダ タブ上の仮想マシンのサムネイルを表示するには、フォルダ タブのドロップダウン メニューからサムネイル サイズを選択します。

    仮想マシンがパワーオンされると、Workstation Pro ではサムネイルがリアルタイムで更新され、実際の仮想マシンの内容が表示されます。仮想マシンがサスペンドされると、サムネイルには仮想マシンがサスペンドされたときのスクリーンショットが表示されます。

  • フォルダ タブに仮想マシン名を表示するには、フォルダ タブのドロップダウン メニューから 詳細 を選択します。
  • 仮想マシンのタブを開くには、フォルダ タブの仮想マシンをダブルクリックします。