Workstation Pro を終了するときの仮想マシンの動作を構成できます。

仮想マシンの終了時の動作を構成するには、編集 > 環境設定 > ワークスペース を選択します。

表 1. 仮想マシンの終了時の動作設定

設定

説明

前のセッションで開いたタブを記憶する

Workstation Pro の終了時に表示されている仮想マシンのタブが次の Workstation Pro の起動時に再表示されます。

仮想マシンのタブが Workstation Pro ウィンドウに表示されていれば、パワーオン状態でなくても、その仮想マシンは開いているものとみなされます。

Workstation を閉じた後も引き続き仮想マシンを実行する

パワーオンされている仮想マシンは、仮想マシンを閉じたり Workstation Pro を終了してもバックグラウンドで引き続き実行されます。この設定を選択解除すると、パワーオンされている仮想マシンを閉じたり Workstation Pro を終了するたびに操作を求めるプロンプトが Workstation Pro に表示されます。

仮想マシンを閉じたり Workstation Pro を終了した後も、パワーオンされている仮想マシンが引き続き動作している場合、VNC などのサービスを使用して仮想マシンを操作できます。

トレイ アイコンを表示する

バックグラウンドで仮想マシンを実行する場合、この設定を使用してトレイ アイコンの表示方法を選択します。トレイ アイコンは、ホスト システムのタスクバーの通知領域に 3 つの重なり合う四角形で表示されます。

常時

Workstation Pro が実行されていなくても、実行中の仮想マシンがない場合、トレイ アイコンがタスクバーに表示されます。

仮想マシンがパワー オン状態にあるとき

仮想マシンがパワーオンされている場合にのみ、トレイ アイコンがタスクバーに表示されます。

なし

Workstation Pro を再起動した場合でも、仮想マシンが実行されているとトレイ アイコンはタスクバーに表示されません。