補足メモリ設定により、ホスト システムのメモリ マネージャが物理 RAM から仮想マシンのスワップを実行する方法を制御できます。

補足メモリ設定を構成するには、[編集] > [環境設定] > [メモリ] を選択します。

表 1. 補足メモリ設定

設定

説明

[全仮想マシンのメモリを予約されたホスト RAM 内に適合させる]

このオプションを選択すると、同時に稼働する仮想マシンの数とメモリ サイズに最も厳しい制限が適用されます。仮想マシンは RAM のみで実行するので、パフォーマンスが最高レベルになります。

[一部の仮想マシンのメモリをスワップすることを許可する]

ホスト OS はある程度の量の仮想マシン メモリをディスクにスワップできます。この設定を選択すると、ホスト システムで同時に稼働できる仮想マシンの数またはメモリ サイズを増やすことができます。

一方で、RAM とディスクの間を仮想マシンのメモリが移動することによって、パフォーマンスが低下する可能性があります。

[ほとんどの仮想マシンのメモリをスワップすることを許可する]

ホスト OS は必要に応じていくらでも仮想マシン メモリをディスクにスワップできます。この設定を選択すると、[一部の仮想マシンのメモリをスワップすることを許可する] 設定を選択した場合よりも稼働する仮想マシンとメモリを増やすことができます。

一方で、RAM とディスクの間を仮想マシンのメモリが移動することによって、パフォーマンスが低下する可能性があります。