リモート サーバに接続されている場合、リモート仮想マシンを作成できます。リモート仮想マシンの作成は、ローカル ホストの仮想マシンの作成に似ていますが、簡易インストールはサポートされていないため、ゲスト OS を手動でインストールする必要があります。

標準構成を選択した場合、新規仮想マシン ウィザードは、Workstation Pro の環境設定に構成されているデフォルトのハードウェア バージョンを使用します(ただし、リモート ホストでこのバージョンがサポートされていない場合を除く)。リモート ホストがデフォルトのハードウェア バージョンをサポートしない場合、ウィザードは、リモート ホストでサポートされている最新のハードウェア バージョンを使用します。

前提条件

  • リモート サーバに接続します。リモート サーバへの接続を参照してください。

  • リモート ホストに仮想マシンを作成する権限があることを確認します。

  • 新規仮想マシン ウィザードで仮想マシンを作成するのに必要な情報が手元にあることを確認します。仮想マシンの新規作成の準備を参照してください。

手順

  1. 新規仮想マシン ウィザードを開始します。

    オプション

    説明

    Windows ホスト

    [ファイル] > [新しい仮想マシン] を選択してメニューからリモート ホストを選択するか、リモート ホストのタブで [新しい仮想マシン] をクリックします。

    Linux ホスト

    リモート ホストのタブの [新規仮想マシンの作成] をクリックします。

  2. ようこそ画面で、構成タイプを選択します。

    オプション

    説明

    標準

    基本の仮想マシン設定のデフォルトを使用するか、特定値を指定するかを確認するプロンプトが表示されます。ほとんどの場合、標準構成タイプの使用が適しています。

    オペレーティング システムのバージョンおよび仮想マシンの名前と場所を指定した後で、仮想ディスク サイズのみを構成し、ディスクを複数のファイルに分割するかどうかを指定するためのプロンプトがウィザードに表示されます。カスタム セットアップを選択すると、ウィザードにはプロセッサ、メモリおよびネットワークなどの追加プロンプトも表示されます。

    カスタム

    カスタムの構成タイプを選択する必要があるのは、デフォルトのハードウェア互換設定とは異なる設定で仮想マシンを作成する場合、SCSI アダプタの I/O アダプタ タイプを指定する場合、IDE、SCSI、SATA のいずれかの仮想ディスクを作成するかを指定する場合、既存の仮想ディスクを使用する場合、またはディスク領域を最大ディスク サイズに達するまで徐々に拡張していくのではなく、最初にすべての仮想ディスク領域を割り当てる場合です。

  3. ESX または ESXi を実行中のリモート サーバに複数のデータストアがある場合、仮想マシンを保存するデータストアを選択します。
  4. リモート サーバが vCenter Server を実行中の場合、インベントリの場所、リモート ホスト、仮想マシンを保存するデータストアを選択します。

    インベントリの場所には、データセンタまたはデータセンタ内のフォルダを選択できます。リモート ホストに複数のデータストアがある場合のみ、データストアを選択する必要があります。

  5. カスタム構成を選択した場合、仮想マシンのハードウェア互換性設定を選択します。

    ハードウェアの互換性設定により、仮想マシンのハードウェア機能が決まります。

  6. ゲスト OS の種類とバージョンを選択するか、ゲスト OS がリストにない場合は [その他] を選択します。
  7. 仮想マシンの名前を入力します。
  8. プロンプトに従って、ゲスト OS および名前を選択し、仮想マシンを構成します。

    次のガイドラインを使用します:

    • 共有またはリモートの仮想マシンにオペレーティング システムをインストールする場合は、簡易インストール機能を使用することはできません。

    • 後でオペレーティング システムをインストールすることを選択すると、空きディスクの仮想マシンが作成されます。

  9. [完了] をクリックすると、仮想マシンが作成されます。

タスクの結果

リモート ホストの下のライブラリに仮想マシンが表示されます。

次のタスク

ゲスト OS を手動でインストールします。ゲスト OS の手動インストールを参照してください。